32年間マクドナルドで働き続けたダウン症の女性。退職を申し出ると言葉を失う展開を迎える!
2023/11/30

2016年8月、アメリカのマサチューセッツ州にあるマクドナルドで起きた出来事が話題を集めています。その出来事とは、32年間もの長きにわたり、フライドポテトの調理を担当してきたダウン症の女性従業員、フレイア・デイヴィットさんが退職を申し出たことです。

フレイアさんは52歳で、マクドナルドでの仕事を大変愛しており、多くのお客さんからもその姿勢が好意的に受け入れられていました。しかし、2016年に入り、フレイアさんの物忘れが増えてきたことを母親が気づき、彼女に仕事を辞めるように説得しました。フレイアさんは受け入れがたい決断でしたが、母親の説得を受け入れ、退職を申し出ました。その後、マクドナルドの同僚たちによる盛大な退職パーティーが開かれ、100人近くの人々が集まり、フレイアさんに感謝の意を示しました。

彼女は大きなケーキとフライドポテトの形をしたペンダントをプレゼントされ、さらにマクドナルドは彼女に一生涯無料での食事を提供することを約束しました。

この出来事から、フレイアさんの長年にわたる努力と人柄が多くの人々に愛され、尊敬されていたことが伺えます。

また、このような出来事は、ダウン症のある人々が笑顔で働ける職場が存在することの素晴らしさを示しています。ダウン症のある人々はしばしば邪険にされがちですが、フレイアさんのような勤勉な姿勢を見ると、彼らも常人と変わらない活躍ができることが伝わってきます。32年間の長きにわたる勤勉な働きに敬意を表し、フレイアさんには心からお疲れ様と感謝の意を示したいと思います。

AD
記事
画像集
速報