兄嫁「貧しいって大変ね。あなた達も負の連鎖っていうの?学費も出せない親で大変ね。お宅とはお付き合いしたくにないわぁ。」→ある日念書を持ってきたので押印、その後・・・
2023/11/30

私の実家は父が中小企業のリーマンで、兄を都会の大学にやるのがやっとでした。私と妹は実家から専門学校に通い、全額奨学金で学費をまかないながら資格を取り、就職後に返済しました。母は体が弱くて家で内職をしていました。

しかし、兄の結婚相手である兄嫁は私たちを馬鹿にし、貧しい家庭で育ったことを負の連鎖だとまで言いました。さらに、結婚前に両親の老後の面倒をみさせるなら兄とは結婚しないと言い出し、念書に実印を押すように両親に強要しました。両親は実印を押しましたが、兄は兄嫁の実家に養子になり、新婚旅行の挨拶すらせずに帰国しました。

数年前、母に呼ばれて実家に行くと弁護士がいました。母は資産家の一人娘で、父との結婚は大反対されたため、駆け落ちして一緒になったのだそうです。祖父が老後の不安から母を探し、養子にしたいと言い出しました。兄が縁切りして出て行ったため、私と妹に養子にすることになりました。

その後、両親は祖父の面倒を見るために母の実家に引っ越しました。祖父も私たちに会うたびに謝罪し、私たちの結婚式にも招待してくれました。また、祖父から贈与を受け、教育資金も贈ってもらえるそうです。これにより、私たちの生活に余裕ができました。

しかし、最近になって兄の友人から兄の行方が分からないと連絡がありました。その友人には縁切りされているため、私は黙っているように頼まれました。

人生は予測できないものですね。

AD
記事
画像集
速報