「生きている証を残したい」生存率わずか1%の難病を乗り越えた俳優・神木隆之介さんと母の軌跡…
2023/11/30

神木隆之介さんは、幼少期からCMやドラマ、映画、声優など幅広い分野で活躍する俳優です。彼のデビューは1995年で、わずか2歳の時にCMに出演したことが始まりでした。その後、1999年にテレビドラマ「グッドニュース」でドラマデビューし、2001年にはジブリ作品で声優デビューも果たしました。2005年には映画「妖怪大戦争」で日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞し、天才子役としての才能を発揮しました。

神木さんは現在、テレビドラマや映画で頻繁に見かける存在ですが、彼が俳優としてテレビに出演するきっかけは意外なものでした。彼を俳優の道に導いたのは、数々の奇跡と母の切なる願いでした。

神木さんは生まれつき難病を抱えており、生後すぐに感染症にかかり、二か月もの間危篤状態に陥りました。医師からは生存率わずか1%と告げられたといいます。しかし、神木さんのお母さんは神様に祈り続け、「隆之介を助けてください」と願いました。その願いが通じたのか、神木さんは奇跡的に生き延びることができました。

その後、神木さんのお母さんは「生きている証を残したい」という思いから、2歳の神木さんを子役デビューさせることを決意しました。

彼はその思いに応えるように子役として活躍し、俳優としての才能を開花させていきました。

神木さんは常に感謝と謙虚さを忘れず、難病を乗り越えた経験から生命の尊さを深く感じています。彼の座右の銘は「常に感謝、謙虚でいること」と言われています。

2020年も神木隆之介さんは映画やドラマへの出演が予定されており、彼の新たな役への挑戦を楽しみにしています。彼の人生の奇跡と母の願いに涙がこぼれる物語は、彼の輝かしいキャリアの背景にある感動的なエピソードです。

AD
記事
画像集
速報