ドアベルが鳴って、マンションの上の階の住人だというから騒音苦情とか?と怯えながら出たら。
2023/11/30

インターホンが鳴ったので、私は驚きながらも急いで出てみました。誰の来客なのか心配しながらエレベーターに乗りました。マンションの上の階の住人ということで、私は騒音苦情か何かだろうかと不安に思いながらドアの前に立ちました。

ドアを開けると、子供を抱いた若い女性が立っていました。私は驚きながらも、挨拶を交わし彼女に尋ねました。 「どうしたの?何か用があるの?」 彼女は笑顔でこう言いました。 「実は、私たちに赤ちゃんが生まれたんです。お祝いとして、ちょっとしたプレゼントを持ってきたんですよ」 私は少し戸惑いましたが、彼女の言葉に喜びを感じました。赤ちゃんの誕生は、家族の喜びの一つですからね。 彼女は紙袋を取り出し、渡してくれました。私は中身を確認すると、おしりふきの詰まったパックが入っていました。

おしりふきというと、おむつ替えに使うものですよね。 おしりふきを見て、私は思わず笑ってしまいました。予想だにしなかった贈り物に、脳の処理が追いつかない感じがしました。 彼女は恥ずかしそうに言いました。 「普通のお祝い品ですみません。でも、おしりふきは絶対に必要だと思ったんです。おむつ替えは大変ですからね」

私は彼女の言葉に感動しました。赤ちゃんの世話は本当に大変な作業です。おしりふきは、子育てに必要な必需品です。 彼女が渡してくれたお手紙を読むと、とても丁寧な言葉で感謝の気持ちが伝わってきました。 「大変な時期ですが、お互い頑張りましょう。いつか子供同士が遊べる日が来ることを楽しみにしています」 私は彼女の言葉に勇気をもらいました。

子育ては本当に大変ですが、同じマンションに住む仲間がいることはとても心強いです。互いに助け合い、子供たちが健やかに成長できるように頑張りたいと思いました。 そして私は、おしりふきを大事に使うことを心に誓いました。赤ちゃんの世話には、細やかな気配りが必要です。彼女の贈り物は、その思いやりを教えてくれた気がしました。 これからもマンションの仲間として、お互いに助け合って子育てを頑張りたいと思います。

AD
記事
画像集
速報