朝早くに故障した自転車、しばらく放置して目を向けると驚くべき貼り紙が…
2023/11/30

ある朝、私は自転車がパンクしてしまいました。出発時間に追われていたので、修理する時間もなく、仕方なく歩いて行くことにしました。 少し時間を空けて自転車の方を振り返ると、信じられない光景が広がっていました。

なんと、自転車には手書きの貼り紙が貼られていたのです。その貼り紙には「パンクを直しました。安全に気をつけてください!」と書かれていました。 このエピソードをSNSで投稿したところ、大きな反響を呼びました。私の投稿には驚きと感動の声が集まりました。

多くの人々が「善意のバトン」と表現し、このような行動を称えるコメントを寄せてくれました。 見知らぬ人が私の自転車を善意で修理してくれたおかげで、私は救われたのです。その人の心の温かさに触れ、私は心から感謝の気持ちでいっぱいになりました。

この投稿を見た人々も同様に感動し、私の幸せを願ってくれました。善意のバトンが広まり、他の人たちにも幸せが戻ってくることを願っています。 この素敵な出来事を通じて、私は日常の中にも善意があふれていることを再確認しました。見知らぬ人が助け合い、優しさを分かち合う。それが善意のバトンなのだと思いました。 私はこれからも、自分に出来る範囲で周りの人々に善意のバトンを繋げていきたいと思います。

小さな行動でも、誰かの助けになる可能性があるのですから。 善意のバトンが広まり、私たちの社会がより温かく、幸せに満ちたものになることを願っています。それぞれが自分の力で善意の循環を作り出し、おじさんにも幸せが戻ってくることを願っています。

AD
記事
画像集
速報