職場の敷地内に大胆に不法駐車。私は決意し、営業トラックで車を囲んで閉め出す。その後...後日、警察「所有者が非常に激しい勢いで電話してきました。注意して行動してくださいね」
2023/11/30

ある人は、自分の仕事場の隣にあるディスカウントストアの安売りチラシの日に、駐車場にDQNが集まり、仕事でトラックを運転している彼がギリギリで停めることができなくなってしまうため、声を張り上げて注意をしていた。

しかし、最近、敷地内に堂々と車を停めて行ってしまった悪質な人物が現れたため、彼は営業用のトラックでその車を囲み、門を閉じてセキュリティーシステムを作動させて店を閉めた。 その後、数日が経つと、彼は警察から電話がかかってきた。しかし、彼はイライラしていたので、無視してしまった。しばらくすると、犯人が男性であることが分かり、彼は母親を連れて彼のもとへ謝罪に訪れた。

彼は警察署に「監禁された」と通報したようだが、警察官から厳しく説明を受けたことで、反省し、謝罪して帰っていった。 彼と話をすると、彼はこのようなトラブルが頻繁にあることを語った。駐車場にDQNが集まり、トラックが停められなくなることで、仕事に支障をきたしていた。それに対して彼は声を張り上げて注意をしていたが、それでも改善されなかった。 そこで彼は自らの手で問題を解決することを決意し、その悪質な人物が敷地内に車を停めた際、営業用のトラックでその車を囲み、門を閉じることでセキュリティーシステムを作動させ店を閉めたのだ。

警察からの電話を無視した彼は、自らの行動が違法だったのではないかと不安になっていた。しかし、彼の目的は単なる暴力行為ではなく、問題を解決するための手段だった。 その後、彼は警察官からの厳しい説明を受け、自分の行動が犯罪行為には当たらないことを理解した。しかし、同じような被害を受ける人々が今後も出てくるかもしれないと考え、彼は不法侵入者に立ち入り禁止の看板を掲示することを勧めるようになった。

彼の行動は悪質な人物を阻止するための一つの手法であり、彼自身が被害を受けた経験から学んだ教訓でもあった。今後も彼は自身の仕事場でのトラブルに対して冷静な対応を心掛け、他の人々にも解決策を提案していくつもりだ。

AD
記事
画像集
速報