駐車違反のステッカーを貼られていたら・・・「大損するから支払わない方が良い」
2023/11/30

もし駐車違反で黄色いステッカーを貼られていたら、「大損するから出頭してはいけない」という言葉に惑わされず、正しい対処法を知っておくことが重要です。 まず、確認標章が貼られた場合、なるべく早くそのステッカーをはがすことが必要です。

このステッカーは、駐車違反をしたことを警察や交通違反の取締機関に通知するためのものであり、すぐにはがすことができます。しかし、このステッカーが貼られている場合に出頭をしないという迷信が広まっているのは事実です。 しかし、この迷信は完全に間違いです。実際には、確認標章が貼られたら出頭する必要はありません。数週間後になりますが、交通違反の罰金の納付書が自宅に届きます。この納付書を受け取ったら、指定されている期限までに罰金を支払うようにしましょう。 ただし、違反点数は加算されないことに注意してください。つまり、この駐車違反によって免許証や運転免許証に点数は加算されません。

しかし、支払いを怠ると延滞金がついてしまう可能性があります。ですので、納付書の期限を守り、必ず指定された期日までに罰金を納めるようにしましょう。 さらに、支払いを怠った場合、財産を差し押さえられる可能性もあります。

遅延料金や損害金として財産を取り立てられる可能性があるため、注意が必要です。そのため、出費を抑えるためにも、違反した場合は早めに納付書を受け取り、指定された期限までに支払うよう努めましょう。 総括すると、駐車違反で黄色いステッカーが貼られた場合には、「大損するから出頭してはいけない」という迷信は間違いです。

確認標章をすぐにはがして、数週間後に届く罰金の納付書を待ちましょう。違反点数は加算されないものの、支払いを怠ると延滞金がつく可能性がありますし、財産を差し押さえられる可能性もあるので注意が必要です。出費を抑えるためにも、正しい対処法を知っておくことが重要です。

AD
記事
画像集
速報