この問題がすぐに分かった人はFBIの素質がある?FBIの加入試験が話題に
2023/11/30

FBI(連邦捜査局)に加入するための難易度や加入試験についての情報を知りたいという疑問にお答えします。FBIに加入することは非常に難しく、合格率は応募者の5%以下と言われています。FBIの加入試験は応募者の創造性や基本的な理論的思考の潜在能力をテストするためのものであり、その一環として5つのテストが行われます。

まず、問題①では部屋にいる子どもの母親を当てる問題が出題されています。この問題では、子どもの母親が左側の女性であるという答えが示されています。左側の女性が子どもに対して前傾姿勢でいることや、子どもが母親の顔が見えるような位置にいることから、このような答えが導かれます。

次に、問題②では殺人犯と誘拐された被害者が関わる問題が出題されています。この問題では、殺人犯が毒を盛られた錠剤を飲むことなく、被害者の水に毒を盛ることで生き残っているという答えが示されています。

問題③では、女性が毒の入った飲み物を飲んで生き残り、男性が死んでしまう問題が出題されています。この問題では、毒が氷に入っており、女性が氷が溶ける前に飲み終えたことで生き残ったという答えが示されています。

最後に、問題④ではカセットテープの再生音を元に刑事が殺人事件と判断する問題が出題されています。この問題では、自殺した場合はカセットテープを巻き戻さないと録音した音源が流れないため、再生された音源から殺人事件と判断されたという答えが示されています。

これらの問題はFBIの加入試験における創造性や論理的思考能力をテストするためのものであり、非常に厳しい試験であることが伺えます。

AD
記事
画像集
速報